造り始め! 若いスタッフとの酒造り 山形県酒田市 楯の川酒造 「楯野川」 

山形県の日本海に面した町、山形県酒田市。楯の川酒造 佐藤淳平社長から案内をいただきましたので紹介します。

日本酒「楯野川」以外にも、「果実のリキュール 子宝」「ヨーグルト リキュール」「発酵美人」など革新的な商品を次々発表する淳平社長。

社長といってもまだ30代後半。でも学生時代から社長を務めておられるので約15年のキャリア。高品質銘柄の「楯野川」としても、そのくらいのキャリアがあるお蔵さん

将来に向けて果敢に設備投資をする姿勢は日本酒蔵の目指す、お手本の一つです。

今年はやっぱり本業は日本酒ということで!10月~4月まで自ら「杜氏」になってガッチリ日本酒を造ります!

昨年は若いスタッフに切り替わり、ものすごくご苦労された製造だったと聞き及んでます。

先日淳平さんにお会いしたときは「今年はスタッフも成長したので!期待してください。」と力強く抱負を語っておられました!

今年強くお奨めしたいお蔵の一つですね!!

———————————————————————————

では淳平社長お願いします!


IMG_3683

写真11、今年の造りに対する思い

24BYは、蔵元自らが製造責任者(杜氏)となりお酒の設計から製造の現場での仕事、現場での指揮を取るはじめての造りになります。

平均年齢29歳の8名の若い蔵人と一緒に10月1日から4月下旬まで気合を入れて頑張ります。

例年よりも、米が硬い分、米の旨みが前面に出るような「香りと旨みのある綺麗な味わい」を目指して参ります。

写真22、今年はこうなります

原料米の処理と、麹の工程に力を入れてお酒造りを行います。

例年以上に、旨みののったお酒を出して参りたいと考えております。

 楯の川酒造株式会社
代表取締役 佐藤淳平

「楯野川」紹介ページはこちら

酒泉洞堀一
www.syusendo-horiichi.co.jp

名古屋市西区枇杷島3-19-22 
地図はこちら
TEL052-531-0290 
FAX052-532-7890
メール 
info@syusendo-horiichi.co.jp
Facebook 酒泉洞堀一

DSCN05935

よかったらシェアしてね!
造り手の想いがこもる珠玉の酒が集う
日本酒、ナチュラルワイン、国産ワイン、梅酒、焼酎。名古屋市西区枇杷島に「Shusendo本店」 地下鉄伏見駅伏見地下街に「Shusendo Mini」の2店舗を展開中。 通販・ネットショッピングにも対応。
酒泉洞堀一公式ネットショップはこちら

この記事を書いた人

酒泉洞堀一Shusendo 日本酒とナチュラルワイン セレクトショップ 
名古屋市西区枇杷島3-19-22 
地図はこちら
TEL052-531-0290 
FAX052-532-7890
メール info@syusendo-horiichi.co.jp

目次
閉じる