~ とにかく喋り倒す夜 ~六代目百合 塩田社長 来名

先日、恒例の百合・名古屋ミーティング!?がありました。

年に一回、鹿児島から「芋焼酎 六代目百合」の塩田社長か名古屋に来てミーティング!?いや飲み会をするのです。

7503abc7.jpg

参加メンバーは六代目百合を扱う名古屋の酒屋さん自分を含めて3店、そして豊橋の酒屋さん1名

後は、某有名百貨店の方1名が基本メンバー。今回は百合の蔵人さんが2名これに加わりました。

住吉にある六代目百合をこよなく愛する「焼酎バー・リー」さん(リーは日本語で百合です。)を拠点に、名古屋の夜を飲み歩き喋り倒す会です。

特にお酒について熱く語る、皆さんの想像する光景はほとんどなく!他愛もない会話でワイワイ喋り倒しています。

ただ時折、塩田さんの話す蔵元さんならではの含蓄深い話に、皆がうなずくんです。

とにかく、こうやって「蔵元さん」と一緒に酒屋が飲むことで「六代目百合」を皆で売っていこう!広めていこうという団結心が生まれる、それが一番のこの会の意義かもしれません。

195afbb5.jpg

「右が「六代目百合」の塩田社長、左は「黒糖焼酎 奄美」の西日本担当営業の方、たまたまお店で偶然会いました。社長とは広島近辺でよくご一緒されるそうです。ニコニコ

「六代目百合」は鹿児島よりフェリーで1時間、東シナ海の浮かぶ島「甑島(こしきじま)」にある蔵です。

芋くさいようで、爽やかな甘い独特のフレバーを併せ持ち、百合しか出せない独特の風味を持つオンリーワンといっていい焼酎。

料理は九州料理だけでなく、和食・割烹などでも合わせていけ、湯割り・水割り どちらもいける対応幅の広い焼酎です。

蔵に行くとその緻密な造りに驚かされます。豪快なイメージの「塩田社長」ですが、クレバーの面を併せ持つ、素晴らしい造り手でもあるのです・・・・・

より詳しい情報・写真は当店の

          ↓

六代目百合 紹介ページへGO

よかったらシェアしてね!
造り手の想いがこもる珠玉の酒が集う
日本酒、ナチュラルワイン、国産ワイン、梅酒、焼酎。名古屋市西区枇杷島に「Shusendo本店」 地下鉄伏見駅伏見地下街に「Shusendo Mini」の2店舗を展開中。 通販・ネットショッピングにも対応。
酒泉洞堀一公式ネットショップはこちら

この記事を書いた人

酒泉洞堀一Shusendo 日本酒とナチュラルワイン セレクトショップ 
名古屋市西区枇杷島3-19-22 
地図はこちら
TEL052-531-0290 
FAX052-532-7890
メール info@syusendo-horiichi.co.jp

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる