新政酒造 2011年初訪問時の蔵訪問記です。

以下は2011年訪問時の新政酒造です。

P2240018

秋田市の市街地に蔵はあります。

P2240019

全て自社精米です。

P2240022

お米はオール秋田産。そして酵母は自社発祥の「6号酵母」これは「新政(あらまさ)」の決まりごとです。

「吟の精」「改良信交」「美郷錦」「酒こまち」「美山錦」。秋田県には酒米が多種あります。

P2240027

限定給水で丁寧な原料処理。

P2240030

屋号はやまウ。そうです「やまユ」のユは祐輔さんの「ゆ」で、そこからとりました。

P2240031

麹です。訪問した2011年の製造は米が高温障害で溶けが悪く、とにかく苦労しているという話が印象的でした。

P2240033

「亜麻猫(あまねこ)」の酒母。白麹使用といっても見た目は変わりません!!(当たり前か~)

P2240039

作り手 佐藤祐輔さん。 祐輔さんはもともと、「食の安全」を中心にしたライター出身。お酒好きで銘酒の数々を自費で購入し、飲み尽くしたというお酒マニア。

自分でこんなにお酒好きなら、酒造りをしようと実家に戻った。

新政(あらまさ)といば老舗の地酒蔵。その蔵を21世紀に合わせて構造改革に着手。

P2240042
青やまユの仕込タンク

大きな仕込を全て、高品質酒向けの小さな仕込にダウンサイジング。

火入貯蔵はほぼ100%、一回火入れの瓶貯蔵。

”ほぼ”というのは昔風を好む地元の人向けに、あえてタンク貯蔵を残しているんだとか。

P2240043

仕込を小さくすると仕込本数が増え、そうすると必然的に仕込日数が増え(ゴールデンウィーク)を超えても仕込が続くとか。 そうなると寒冷の地「秋田」でも熱対策がいるわけで・・そこでヤブタ(搾り機)が冷蔵庫に入ったわけです。

P2240046

槽口は亜麻猫!あ~感動の美酒!!

P22400452

P2240049

祐輔さん。お世話になりました♪

よかったらシェアしてね!
造り手の想いがこもる珠玉の酒が集う
日本酒、ナチュラルワイン、国産ワイン、梅酒、焼酎。名古屋市西区枇杷島に「Shusendo本店」 地下鉄伏見駅伏見地下街に「Shusendo Mini」の2店舗を展開中。 通販・ネットショッピングにも対応。
酒泉洞堀一公式ネットショップはこちら

この記事を書いた人

酒泉洞堀一Shusendo 日本酒とナチュラルワイン セレクトショップ 
名古屋市西区枇杷島3-19-22 
地図はこちら
TEL052-531-0290 
FAX052-532-7890
メール info@syusendo-horiichi.co.jp

目次
閉じる