富久長いちばんしぼり 予約開始 11月10日(木)頃入荷予定♪

目次

毎年好評の富久長 「いちばんしぼり」 予約開始です♪

今年は例年より早く
11月7日~8日の搾りあがり 遅くとも10日は当店に入荷です♪

CAEIT81


PB270075

★富久長 特別純米 いちばんしぼり本生
槽口でそのまま直詰め、即日出荷

1800ml 2.835円  720ml  1.470円  税込み 

予約はこちらよりクリック

オリも引かず薄ら白く濁ったこのお酒。

搾りあがった槽口酒をその日に瓶詰め・出荷

薄く霞がかって、 キュートな香りが全体を包みこむ!
柔らかい旨味でフレッシュさ抜群
「いちばんしぼり」は新鮮さを追求した or 蔵でしか飲むことが出来なった究極の槽口酒
 

槽口から流れ出る出来立ての新酒をそのまま槽場で直詰め 即日出荷をするという試み!

富久長らしいキュートな香りが全体を包みこみ、柔らかな旨味でフレッシュさ抜群! 

この酒は搾り後、暫くが一番美味しいよう設計されています。

————————————————————————

以下は富久長さんのブログの転載です。手前味噌ですが、造りの臨場感をお楽しみください。

23BYの造りが始まります。

2011/10/11 15:27

先月末に今年最初の米「八反」精米60%が入荷しました。
そして先日は「八反錦」精米60%と続いて新米が入荷。
いよいよ23BY(BY=醸造年度)がスタートしました。

とはいうものの、先週までは酒母の段階だった、ので3連休は横浜「吉祥セレクト」さんへお邪魔しました。
また10日には広島市内アリスガーデンで梅酒祭りが開催され、
私も和酒リキュールの蔵元として「温州みかん酒」「純米ゆずレモン酒」をかかえて参加して参りました。
約1000人のお客さまは8割くらい女性。それも若い方が多かったですね~。
こんなに梅酒が好きな方がいらっしゃるのかと驚きました。
うちの「温州みかん酒」もまずまずの人気で、やはりちょっと安堵。

さて、そしていよいよ本日から本仕込の麹作り開始です。
まず添、仲仕込用の麹米 八反錦60%精米を100キロ、限定吸水しました。
まだまだ精米して間もないので、これから吸水にかかる時間もどんどん変化していきます。

ことしの八反錦

2011/10/15 06:41


R0011404_convert_20111015063701

しぼりたてを仕込んでいる、今年の「八反錦」。
最高ランクの特等米です。

今年はお米のできはいいようです。
入荷するほぼ全てが特等米です。

今日は添仕込です。
雨あがりで気温がたかいのですが、
麹室では除湿機がフル稼働し、
仕込には仕込水で作った氷が活躍しています。

900キロ仕込なので、細かな対応ができるので
助かっています。

麹200キロ分の運動量と汗。

2011/10/15 15:26

うちは少人数の仕込体制なので、麹室の仕事は基本二人です。
昨日は、午前中に種きり100キロと出麹100キロの仕事。

ダマがのこらないように、もう、一粒一粒ばらばらにするくらいのつもりで蒸米を床にひろげて種きり。
麹菌を振っている間に隣の部屋で出麹作業。
室温35度の部屋で、出麹時期の麹は品温43度くらい。
こっちも100キロをバラバラにほぐします。

夏でもありえんくらいの汗をかきかき2時間作業すると
体重2キロ分くらいは水分抜けてるんじゃないだろうか。

ちなみに1号タンク 仲仕込の様子。

R0011406_convert_20111015150750

今日の泡

2011/10/18 20:00

いちばん最初のモロミが元気になってきました。
今が一番派手なときかな。

こんな感じ。
R0011408_convert_20111018195229

もっとよるとこんな。

R0011409_convert_20111018195330

泡の表面には酵母がいっぱいいます。
もう少しすると、この泡は消えて
酵母もモロミの中に戻ってきます。

派手じゃないけど、いちばんモロミが元気良く活発なのは
この泡が消えて、酵母がモロミのなかに戻ってきてから。

ギラギラと見かけが派手なよりも静かな炎の方がが熱い。
て、そんな大げさな話じゃないですね。

この泡も、キタキタ~!って感じで楽しいです。

しぼりの準備も。

2011/10/24 16:51

R0011414_convert_20111024164245

今日はしぼり用の槽の準備も。
このアルミ板に先日洗っていた布をはさんでしぼります。
暖かいから、こういう水仕事も楽です。

そして今日の泡。

R0011417_conv

実は泡はもう表面にはありません。
酵母はモロミの中にもどってきて、せっせと糖分を消費しアルコールを造ってくれています。
今日は日本酒度マイナス40くらいの甘さ。
モロミの温度は約12度。
今年はお米がいいせいか、やさしい甘みがのこっています。

今日のもろみ経過

2011/10/30 17:10

まだまだ日中は暖かい日が続きます。
昔とちがって、今は寒くなくても機械的にモロミを冷やしてコントロールすることができます。
蔵内の室温は16度。
モロミは11度くらいですから、タンクにびっしり水滴がついて大汗をかいております。

さて、とっても元気のいい今年のモロミ。
発酵経過も終盤戦です。
明日から朝晩寒くなるそうですし
11月になれば新酒の誕生も秒読みです。

さて、そろそろ予想を。。。

2011/11/02 17:22

はい、いい感じで発酵している八反錦のしぼりたて。

いちばんしぼり は 11月7日OR8日 というところでしょうか。
あせらずにモロミをしっかり冷やして、じっくり着地させようと思います。
アミノ酸が多いと味がきたなくなって、ちょっとくどくなるのですが
今年はお米がいいせいか、アミノ酸がモロミ後半でも低めです。
ありがたいことです。

しぼりたてを着地させながらも、仕込みもどんどん続いています。
明日からは「純米酒 八反草75」の仕込もはじまります。
どんな蒸米があがるか、楽しみです。

R0011418_convert_20111102171728

よかったらシェアしてね!
造り手の想いがこもる珠玉の酒が集う
日本酒、ナチュラルワイン、国産ワイン、梅酒、焼酎。名古屋市西区枇杷島に「Shusendo本店」 地下鉄伏見駅伏見地下街に「Shusendo Mini」の2店舗を展開中。 通販・ネットショッピングにも対応。
酒泉洞堀一公式ネットショップはこちら

この記事を書いた人

酒泉洞堀一Shusendo 日本酒とナチュラルワイン セレクトショップ 
名古屋市西区枇杷島3-19-22 
地図はこちら
TEL052-531-0290 
FAX052-532-7890
メール info@syusendo-horiichi.co.jp

目次
閉じる