福井県 「常山(じょうざん)」 晋平専務来店♪ 来年はさらに進化します!ご期待ください。

昨日は福井県福井市 「常山(じょうざん)」 常山(とこやま)晋平専務が来店。

DSCN32144

蔵で最も売れている定番酒 「純米超辛口」を手にパチリ!

来年は大幅に製造方法・ラインナップ変更予定のことで、その説明に来ていただきました♪

現在 28歳の専務さん。 関西の学校卒業後、東京で大手酒類メーカーの営業として4年勤務。

蔵に戻って2年。蔵の仕込にも入り、全国市場も出歩くなどの、学習期間を終え、さらに自分のカラーを打ち出していくとのこと。

父親である先代の蔵元が早く亡くなられたこともあって、この年でも凄く意識が高い。今後さらに注目の銘柄になると思います!

そして、名古屋で常山に力を入れていただいてる飲食店様を廻ることに!

まずは常山といえばココ!中村区亀島 「やきとり吉兆」さんへ。

IMG_49403

吉兆さんは毎年 「常山 蔵見学バスツアー」を開催され、蔵との結びつきの絆つよし♪

ここでお酒といえば自然に「常山 特選純米」が出てきます!レギュラー酒扱いなんです(驚)

食事は吉兆さんの焼き鳥コース「ささり」「生つくね」「皮」・・・最後は「鳥スープ」

王道コースを堪能・たんのう♪

1044658_492473810830127_261974593_n (1)

お酒はもちろん常山(じょうざん)、限定酒ひとつ火 蛍(ほたる) すでに完売酒です・・残念)
 
今年から秋の人気酒「純米吟醸ひとつ火」は春・夏・秋・冬の年4回のシリーズ化♪その第一段酒。

常山の定番形態→福井県でたくさん栽培されている五百万石を使って、金沢酵母で仕上げる♪

定番酒と「ひとつ火」の違いは低温長期発酵の吟醸造りをしているところ、

バナナ系の吟醸香、爽やかな味ノリ、ほどよい辛味・酸味 常山らしい「懐かしさと流行を橋渡しする酒」だ~

DSCN32153

やきとり吉兆の女将「しのぶさん」と常山専務♪ 待望のツーショット!

DSCN32293

2軒目は大曽根駅と地下鉄平安通の間にある魚居酒屋「味彩家」さんへ。

ここも常に常山を定番酒と季節酒2種はオンメニュー!

春の限定「とびっ辛」は6本も使っていただきました

IMG_49453

味彩家さんの日本酒は当店のお酒をたくさん・たくさん使っていただいております(感謝!)

季節限定 14種類も! その他に定番もあるので本当頭があがりませんよ~

DSCN32182

こちらの店には、弊社の営業、尾崎と植田も合流して、その前で常山専務、熱く熱く語ります!

「どこでも置いてほしいわけでない!他には無いけど、この店では常山が良くあるよね!という形でいい」

「来年はラインナップを変更して、頑張ります」

「ラベル・パッケージも今の書体はそのままで、さらにこだわっていきます」

1011003_492517877492387_2038499600_n

そしてお酒は定番 「純米 超辛口」 

「味彩家」さんは2年前に魚屋だった大将の原田さんが未経験で始めた居酒屋さん。

こだわりの尾鷲直送の魚に「常山」は本当ベストマッチング。 さすが、北陸の酒強いな~

DSCN3223

店の人気酒「常山」の蔵元来店に、本当に喜んでいただきました!

DSCN32323

最後は常山専務とは大阪のイベントでも一緒で、仲良しの「小料理Bar結(ゆい)」さんへ

居合わせたお客様にも、暖かく歓迎していただきました。

DSCN32334

大人の社交場的なお店で、気軽に店主とお話出来るから~

リラックスしてゆっくり、お酒を楽しんだな~♪

晋平さんお疲れ様でした♪

弊社「常山」紹介ページはこちら

酒泉洞堀一
www.syusendo-horiichi.co.jp

名古屋市西区枇杷島3-19-22 
地図はこちら
TEL052-531-0290 
FAX052-532-7890
メール 
info@syusendo-horiichi.co.jp
Facebook 酒泉洞堀一

よかったらシェアしてね!
造り手の想いがこもる珠玉の酒が集う
日本酒、ナチュラルワイン、国産ワイン、梅酒、焼酎。名古屋市西区枇杷島に「Shusendo本店」 地下鉄伏見駅伏見地下街に「Shusendo Mini」の2店舗を展開中。 通販・ネットショッピングにも対応。
酒泉洞堀一公式ネットショップはこちら

この記事を書いた人

酒泉洞堀一Shusendo 日本酒とナチュラルワイン セレクトショップ 
名古屋市西区枇杷島3-19-22 
地図はこちら
TEL052-531-0290 
FAX052-532-7890
メール info@syusendo-horiichi.co.jp

目次
閉じる