「ワイン酵母 父なるライン11度」 今年の夏、ハマったのはリンゴ酸な日本酒 この津島屋も素敵すぎる♪

tusimayaline

★ 津島屋 父なるライン ドイツ・ワイン酵母 純米酒生 2014夏

1800ml 2.400円(税別) 2.592円(8%) 商品番号)11106

720ml  1.200円(税別) 1.296円(8%) 商品番号)11105

この酒はワイン酵母な津島屋。ワイン酵母で出来る酸といえば「リンゴ酸」

昨年「仙禽」薄井一樹蔵元と飲んだ時に夏は自然に「リンゴ酸」が欲しくなる!という話を聞いていて

今年は、その意識もあったのもあって「リンゴ酸」のお酒にどハマりしています。

そんな酒のサンプルを5月に実はいただいたのですが「スッパ」過ぎるなんて思ったのですが・・・

6月で湿気が増えてくると、

それが不思議なもので丁度よくなるですね~。

で津島屋ですが、難しいワイン酵母、実に上手に仕上げています。

11度のアルコール度数で素晴らしい奇麗な酸と日本酒の甘みを絶妙バランス。

津島屋が如何に酒造りが上手いか!

この酒飲んで知りましたよ~

「津島屋のある美濃加茂から愛知県の犬山市にかけて(あの犬山城があるところ) 木曽川の急流下りの「日本ライン」があります。

それはドイツのライン川に渓谷美が似ているところから付いたとのことで、そのドイツのワイン酵母仕様はこのお酒な訳です。

「日本ライン」という名詞は名古屋人には心に沁みついた記憶なんですよ・・小さい頃、名鉄特急電車に良く「日本ライン号」ってプレートが付いてて新名古屋駅ではアナウンスあったり・・テレビCMでも連呼されてたような・・

原料米 美山錦 精米歩合 60% アルコール度数 11度
岐阜県美濃加茂市 御代桜酒造

ご注文はこちらより


酒泉洞堀一
名古屋市西区枇杷島3-19-22 
地図はこちら
TEL052-531-0290 
FAX052-532-7890
メール 
info@syusendo-horiichi.co.jp
Facebook 酒泉洞堀一

よかったらシェアしてね!
造り手の想いがこもる珠玉の酒が集う
日本酒、ナチュラルワイン、国産ワイン、梅酒、焼酎。名古屋市西区枇杷島に「Shusendo本店」 地下鉄伏見駅伏見地下街に「Shusendo Mini」の2店舗を展開中。 通販・ネットショッピングにも対応。
酒泉洞堀一公式ネットショップはこちら

この記事を書いた人

酒泉洞堀一Shusendo 日本酒とナチュラルワイン セレクトショップ 
名古屋市西区枇杷島3-19-22 
地図はこちら
TEL052-531-0290 
FAX052-532-7890
メール info@syusendo-horiichi.co.jp

目次
閉じる