cashless決済5%還元

日本酒 ナチュラルワイン 国産ワイン その他

酒と人を結ぶブログ

蔵訪問記

DSCN5410


古風な佇まいの蔵の最寄り駅JR中央西線「薮原(やぶはら)」 名古屋駅よりは特急「しなの」で1時間15分で木曽福島、各停に乗り換え3駅で着きます。乗り換え時間を含め2時間15分かかりました。


DSCN5408

駅よりは木曽川に沿って10分ほど歩きます。10月末で紅葉が見ごろ間近でした。これぞ木曽!という感じの、高い山に囲まれた谷の中に広がる町です。

日照時間は短く、冬は特に仕込みに没頭していると、一回も太陽も見ずに一日が終わるなんてこともあるそうです!

DSCN5372

「九郎右衛門」を醸す。湯川酒造店に到着しました。 築10年程度という新しい仕込み蔵でした。湯川杜氏に迎えていただく。

DSCN5374

蔵の内部です。新しいだけあって、給水、蒸し、放冷などが作業場所が非常にコンパクトにまとまっています!衛生的な環境ですし、最新の米洗い機、脱水機もしっかりあります。これを見ただけでいい酒が出来そうだな~って思いました。


DSCN5376

精米されたお米はこうやって1kgずつパック詰めされています。こうすることで水分が飛ぶのを防げるし衛生的です、さらにこの単位で洗うので作業が効率的です。


DSCN5389

こうやって洗米機に入れて洗っていきます。今は手作業よりこのウッドソン社の気泡で洗う機械を使い、後に脱水機で水分調整を間違いなく行うことが必需になってきました。

見た目は手洗いがいいのですが、洗いムラや、糠の抜けが全然違い、よりクリアな酒が生まれます。

DSCN5381

出麹室です。これもプラスティックで衛生的でいいですね~湿度管理をしっかりしていきます。


DSCN5382

麹室も二部屋に分かれて、いい麹室でした。いかにも高品質な酒が産まれそう!という感じでしたよ。

1日目の部屋には何もありませんでした。

DSCN5386


DSCN5387

二日目の部屋。 全量麹箱造りでした。 標高の関係で(ここは全国1.2を争う標高の高い蔵)非常に麹菌がお米に食い込みやすいそうです。

長野県は「ひとごごち」が軟質米で「美山錦」が硬質米。その違いの造りわけに苦労されているようでした。

DSCN5394

酒母室、 山廃もあります! 最後にやはり造るそうです。

DSCN5397

仕込みタンク

DSCN5401

いろんな「九郎右衛門」 「ひとごごち」「美山錦」をベースにまずはいろいろな全国で良いとされる酒米を手にかける、それを踏まえたうえでより長野の酒を打ち出していきたい!という考えとのこと。

昨年は「雄町」に初挑戦。他に「愛山」「山田錦」(いずれも限定酒) 今年もある酒米にチャレンジ予定とのこと。

DSCN5403

お酒をいろいろ試飲させていただく、どれもフレッシュな状態に保たれ、お米の味わいが表現できる程よい濃さで、非常に滑らかな酒質でした。

蔵の状態を見てもわかるとおり、非常にクリアな酒質も好印象です。

湯川杜氏はもともと、長野の他の蔵で杜氏をされていました。蔵の後継者だった湯川社長と結婚され、3年前より現職に!

奥様と二人三脚で「九郎右衛門(くろうえもん)」をブラッシュアップ。、今年はお酒が足りなくなり9月から仕込みをしなければいけない人気銘柄に成長した!


DSCN5414

帰りに駅に戻ると、行きは気づかなかった、湯川酒造店の地元銘柄の看板を発見!地元でもしっかり寝ずいている蔵です。

DSCN5413

確か4時くらいの電車に乗りましたが、早くも木曽谷の山々に陽が沈んでいきました。

コメントする

名前

URL

コメント

商品カテゴリ

◇ネット決済

クレジット決済

◇店舗案内

店舗案内

paypay
店舗のキャッシュレス決済は
PayPayでお願いいたします。


お店案内

飲食店様向け特撰酒販売

飲食店様向けワイン販売
上の「お問い合わせ」より
店名、住所を送信してください。
折り返しパスコードをお知らせ
いたします。

醸し人九平次

而今

鍋島

小布施ワイナリー

獺祭
【最新】蔵訪問記 2015.5

 

カレンダー
  • 今日
  • 店舗休業日
  • 発送業務休

◆月曜日の店舗営業の再開と発送業務お休みのお知らせ
9月より月曜日の店舗営業を再開します。発送業務は月曜日をお休みにさせていただきます。
ホームページでのご注文は24時間受け付けております。

ページトップへ