カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ちえびじん 特別純米酒 備前雄町 15度原酒生 1800ml

ちえびじん 特別純米酒 備前雄町 15度原酒生

夏酒は雄町 グッと来て!抜けのいい「ちえびじん」。
その味わいは「雄町」のリズムと符合するようで


グッと来て抜けのいい「ちえびじん」。


旨味と爽やかさ!絶妙バランス酒が夏に登場 15度原酒生っていいね♪



この酒と雄町の味の出方が符号するようで・・いいじゃん!


入荷時から割り当て数の人気酒っす(そうだ!)




今年は第7回 雄町サミット 優等賞 じゅう

を獲得したんで今年はさらに人気だろうな〜OK


無濾過・生原酒 アルコール分 15度
使用米 備前雄町 60%精白 

大分県杵築市 中野酒造


「ちえびじん」の紹介を兼ねて一昨年秋に訪問したときの蔵訪問記、再掲載です♪
↓ ↓

先日、ちえびじんの中野酒造さんへ蔵見学に行ってきました♪そのレポートです。

chiebijin02


「北九州・新幹線 小倉駅より「特急にちりん」乗り換え・日豊本線を下ること、およそ1時間。

DSCN3949


大分県国東半島に位置する「杵築(きつき)」駅に着きました。

DSCN3950

ここは海沿いに位置する古い城下町。

DSCN3999

大分の有名な観光地 別府や湯布院も30分程度で行ける立地です。
大分空港も近い。

DSCN4000

海が綺麗な証明でしょう!天然記念物「カブトガニ」の繁殖地で、その研究機関もある。




ここに「ちえびじん」を醸す。中野酒造さんはあります。駅より車で5分くらい。

DSCN3951

6代目蔵元の「中野淳之専務」に迎えていただいきました。

DSCN3957

中野さんは34歳。東京農大醸造科を卒業、サラリーマン生活の後、家業を継いで6年目。

蔵を継いで酒造りの道を行こうと思ったのは同級生で親友の「山和」の伊藤くんの影響があったとか。

先に蔵元を継いだ伊藤さんの活躍に多いに刺激を受けた。


DSCN3982

中野酒造さんの蔵は石垣があったり、城下の
屋敷の雰囲気が残る。

大分県のお酒といえば、「いいちこ」「二階堂」の麦焼酎。

だけど、その歴史は以外にも浅く、もともとは、全て日本酒蔵だったとのこと。
地元の消費は「西の関」さんがシェアの九割以上と圧倒的に強く。

その他の事業に活路を求めて、この隆盛に繋がったらしい。

DSCN3978

中野酒造さんも御多分に洩れず、焼酎・リキュールと多角化をしているが(当店でも、ちえびじん麦焼酎・ちえびじん紅茶梅酒)絶賛扱い中。

しかし今後は中野さんが一番情念をかたむける「日本酒」に出来るだけ、集約したいとのこと。

DSCN39673

訪問した10月7日は(大安)25BYの酒造りが始まるその日で
中野さんの、表情・言葉の隅ずみに気持ちの高ぶりが感じられた。


この蔵の特徴を位置づけるものは「水」

DSCN3974

地下200mからこんこんと湧き出る水は軟水だけど、やや甘味があってボディ感もあり でも後切れの良さも併せ持つ。

その水で仕込む「ちえびじん」は甘味が舌に乗る感じで、正にその特徴を素直に活かしてるな〜。

淡麗辛口には向かないらしいけど、飲み応えと後切れを求められてる今の日本酒にはピッタリだと思うよ〜!


蔵は地酒蔵らしい時代を重ねた雰囲気の建物だけど、清掃が行き届いている!


DSCN3963

仕込み蔵。900kg以下の小仕込みタンクが並ぶ

DSCN3964

お米の洗いは地酒蔵では定番の設備になった「ウッドソン」。泡でやさしく・しっかり洗う。1年目は全量手洗いでやってみたそうだけど、米の割れや・洗いムラがあって・・2年目からこれを導入して確実に酒質に高影響があったそうだ!

DSCN3975

もう一つの秘密兵器がこの「高圧洗浄機」。

さきほど蔵が清潔だと書いたけど、この機械が活躍♪ 100度以上のお湯が出て、人力では落ちない汚れもあっという間!女性でも使いこなせるんだって 製造業だから清潔が一番だね~。これは「鍋島」飯盛さんが教えてくれたかとか〜。高品質蔵同士、情報交換が活発です!


DSCN3962

搾り機「ヤブタ」はしっかり冷蔵庫の中に!

気温が高くなりがちな、西日本では必然的な設備。どんな気候でも安定した搾りが出来ます!「〜やるな〜」


蔵の二階に上がる、麹室はそこに中に入ると・・甘い香りが 「りんご」???

DSCN3968

「リンゴ」の成分は麹の発育を良くするとのことで、九州には良く「りんご」を麹室に入れてるとか・・初めてみたよ〜(驚)

麹室で30kg盛りの麹箱が二枚。

東一の勝木先生の指導によるもので、このサイズが温度も安定して一番使いやすい。

「麹米」は県外出荷のものは桃色にごりを除いては全て山田錦に統一。 酒造りの根幹の部分。安定して間違いがないものが出来る!(自信スペック)

DSCN3970

「今年の造りは楽しみ!気合が入ります! 昨年のデータもバッチリあるし!今年はお米もいいし」熱く語る中野さん。

蔵の仕込み作業は中野さんと、中野さんの同級生で片腕と信頼する社員さんの2人で!
どちらが杜氏というわけでなく、分担して仕込んでいるそうだ。。

DSCN3965

その日 25BY初洗いした大分産「ひとめぼれ」 新酒第一段「桃色にごり」になる。
「ひとめぼれ」は早生米で、酒造り用に中野さんが農家に依頼して栽培。通常飯米は「ひのひかり」でこの地区では例のないお米だとか。

DSCN3973

明日の蒸しを待つやはり「ひとめぼれ」 

仕込み期間のスケジュールは・・。

蒸しは朝4時半から(早い!) 6時には蒸し上がり。即仕込んで7時には仕込完了。8時からは米洗い、10時洗い終わり、昼からは瓶詰めという一日のスケジュールとか。


それから山田錦の契約田を見に行きましょうって車で20分くらい,山を上がる。

登り切った空気も水も、そして肝心な昼夜の温暖差もある(夏場でも長袖来て寝るような冷え込みがあるとかで・・)理想的な環境に山田錦契約田はあった!


同じ杵築市にある。同じ町内である程度の酒米が賄えるのは理想的環境だな〜

DSCN3993

台風が接近中(結局逸れましたが・・)で心配した農家さんがたまたま居られて話を聞けました。

DSCN3995

「飯米とは比べにならないくらい栽培が難しいお米だよ~山田錦。どうしても少し倒伏するし・・土造りからかえなくちゃいけないんだ・・・」 だそうです。

DSCN3988

10月中旬には刈取りだそうで、元気に出穂ていました!経過も順調。いいお米がとれそうだ〜

酒泉洞堀一http://www.syusendo-horiichi.co.jp/
名古屋市西区枇杷島3-19-22 地図はこちら
TEL052-531-0290 FAX052-532-7890
メール:info@syusendo-horiichi.co.jp
Facebook: 酒泉洞堀一
ブログ: 酒泉洞堀一 〜酒と人を結ぶブログ〜

ちえびじん 特別純米酒 備前雄町 15度原酒生 1800ml

メーカー:中野酒造
価格:

2,900円 (税込 3,132円)

[ポイント還元 31ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫切れ

在庫切れ
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る

■ 商品説明

蔵元から販売を任せていただいている。蔵直・正規取扱店。夏酒は雄町 グッと来て!抜けのいい「ちえびじん」。その味わいは「雄町」のリズムと符合するようで

■ 商品仕様

製品名ちえびじん 特別純米酒 備前雄町 15度原酒生 1800ml
メーカー中野酒造

【当店からのお願い】
※日本酒1800mlを1本のみ発送の場合は梱包箱代170円(税抜)ご負担お願いします。(買い物カゴには計算されません。)
※着日指定は注文日より10日以内でお願いしています。その期間がお取り置き可能期間です。


ページトップへ